ブランドベットからデザイン家具まで|寝室のレイアウトを決める3つのポイント

3000円以上ご購入で送料無料
会員登録でポイントがたまる
カスタマーサポートも充実!
Cateories
2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
メール・電話対応 休み
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
メール・電話対応 休み
  • ■ご注文受付/年中無休24時間
  • ■お問い合わせ/メール
  • ■電話番号/(076)452-1333
    ※ネットショップ専用電話
  • ■受付時間/10:00〜17:00
  • ■定休日/水曜日
よくある質問Q&Aはこちら
開梱&設置料金はこちら
熟睡研究所
ネットショップブログ
 

寝室レイアウトの3つのポイント

3パターンの寝具レイアウト

寝室のレイアウトを決める3つのポイント

誰しも人生の3分の1は睡眠に捧げます。
だからこそゆっくりくつろげる、快適な空間を作りたくありませんか?
寝室の家具のレイアウトは、配置によって使い勝手が大きく左右されます。
まずは基本的なポイントを知っておくと、今後の家具選び、コーディネートをする上での参考になると思います。

Point.1 ベッドサイズの選び方のポイント

ベッドにはどんなサイズがあるの?
ベッドには実は様々なサイズがあります。お部屋の広さ、誰が使うか、窓・ドア・家具の位置はどうなっているか? など色んな要素がありますよね。そんな中、あなたにピッタリのベッドサイズを選ぶのはとても大変です。失敗しない為にも、基本的な知識をここで習得して、快適なベッドルームを作ってくださいね。

single シングルサイズ 幅100cm×縦205cm ※標準的なサイズ

シングルサイズのベッドサイズ
一人用の最も一般的なサイズ。種類も多く、一人暮らし用からお子様用まで幅広くお使い頂けます。
一般的な6畳のお部屋にピッタリのサイズがシングルベッド。ベッド自体のサイズが小さい為、お部屋への圧迫感が小さく済みます。マットレスの中心に横になった時、左右に25cm程度の余裕ができます。このサイズを基本として狭いと感じるのであればセミダブルをお選び下さい。2台並べて設置する場合は8畳以上のお部屋がおススメです。

sbouble セミダブルサイズ 幅125cm×縦205cm ※標準的なサイズ

セミダブルサイズのベッドサイズ
一人、二人用どちらでもご使用いただけるサイズ
一人用にゆとりをもってお休みになられたい方におススメ
シングルサイズより幅が約20cm広くなったサイズ。左右に約35cmずつの空きスペースが生まれる為、寝返りをうつ際も余裕をもってできます。
よく寝返りをうつ方、ベッドをゆったりと使いたい方におススメです。
ただし、一人暮らしや物の多い部屋ではかなりの存在感になりますので、部屋の広さや他の家具に注意が必要です。

Double ダブルサイズ 幅145cm×縦205cm ※標準的なサイズ

ダブルサイズのベッドサイズ
一般的に二人用のベッドのサイズ
広めの寝室では他の家具等の配置も可能です
恋人同士や夫婦で寝るのに最適ですが、身体の大きな方は一人で使用するのもありです。2人用としては省スペースに納めることができ、種類、価格も幅広く、選択肢が豊富にあります。基本的には2人用ですが実際は2人だと若干狭いと感じる方もいます。寝返りのスペースが狭く、一緒に寝ている方の動きなども、気になるかもしれません。2人以上で長く使われたい方はクィーンサイズ以上のサイズをおススメします。

Queen クィーンサイズ 幅170cm×縦205cm ※標準的なサイズ

クイーンサイズのベッドサイズ
二人でゆったり寝るためのベッド
ベッドだけの寝室でゆったり優雅に過ごしたい方におススメ
2人で寝るときにゆとりとサイズのバランスがとれたサイズ。空きスペースが20cmと一人でのシングルサイズのよりは狭くなりますが、これだけあれば十分といえます。ダブルベッドでは狭く感じる方にはおススメ。ただしお部屋に十分なスペースが無いと、設置した時に必要な動線等が確保できない場合があります。またクィーンサイズ以上のサイズから種類が少なくなる為、デザインが多少限られてきます。

King キングサイズ 幅200cm×縦205cm ※標準的なサイズ

キングサイズのベッドサイズ
夫婦+子供の三人でちょうど良い大きさのベッド
ホテルのスィートルームのような寝心地が最大の魅力
ホテルのスウィートルームなどにも使用されているサイズ。シングルベッド2台を並べたサイズとほぼ同じとなります。2人で寝るのはもちろん、小さいお子様と3人で川の字で寝ることも可能です。これほど大きなものだと搬入できる部屋も限られてきますので、実際は90cmタイプの連結商品となっているものが多いです。

Point.2 収納家具、窓の位置から寝室レイアウトポイント

check1 収納家具の開閉スペースと、窓際隙間に注意

  • 開き戸は90cmの通路

    開き戸のために90僂猟模を開けたベッド配置

    収納家具の開閉種類によって、ベッドとの通路スペースを考えましょう。
    壁に沿ってベッドを設置する時は、10cm程度は壁から離しましょう。布団がもたついたり、壁に腕がぶつかる心配がなくなります。また壁から離すことによって窮屈な箇所が無くなり、空間に余裕が生まれます。

  • 引き戸、折戸は75cmの通路

    引き戸、折戸を考慮し75僂猟模を開けた配置

    おススメの配置はベッドの両サイド、足元といった具合に3方向にスペースを設ける方法です。
    外気の影響を受けづらく、またベッドメイキングや普段のお掃除などもしやすくなる為、より健康的で快適な睡眠環境を作ることが出来ます。
    理想は壁から60cm以上離すこと。動線が確保される為、空間としても使いやすく、また引き出しや扉を開閉するスペースもできるためサイドテーブルなどの家具を配置することが出来ます。

  • check2 腰窓下に注意。

    快適な眠りの妨げとなる一例

    頭の方を腰窓下にすると、窓からの冷気や明かりが射し込んだりして、快適な睡眠の妨げになる場合があります。
    ただしカーテンやブラインドなどを利用することによってこれらを軽減することができ、部屋のレイアウトがきれいに納まることもあります。

  • check3 何かと便利なナイトテーブル

    ベッドの両脇に配置されたナイトテーブル

    ベッドルームが散らかってしまう要素を全て収納することが理想です。
    ナイトテーブルは小物を置いたり、ライトを置いたりと何かと便利です。
    ベッドルームをごちゃごちゃせずにシンプルにくつろぐためにも、ご自宅でスペースを取り、ベッドや生活スタイル合わせたナイトテーブルを置いてみることをお勧めします。

Point.2 お部屋の広さに応じた、寝室レイアウトポイント

寝室は基本的に快適な睡眠を得ることが目的です。まず、部屋の広さを確認して基本的なベッドのサイズと置き方を決めましょう。
配置によって、お部屋の雰囲気や使い勝手も違ってきますので是非参考にして下さいね。

例 example 6畳寝室

ワンルームだけでなく、戸建てやマンションの居室としてもよく見られる「6畳」のお部屋。寝室においてはベッドを何台、どうレイアウトするかによって、その後の暮らしの快適さも異なってきます。まずは収納のサイズや、扉のサイズ、種類に注意して選び、レイアウトを考えていきましょう。

6畳の寝室で様々なサイズでの配置の仕方

実際にベッドを配置した3つの例

例 example 8畳寝室

8畳あれば、必要な家具が過不足なく置けるイメージが湧くのではないでしょうか。ワイドダブルやシングルを隣同士に設置させると、ドレッサーやデスク、サイドテーブルなどを置くことが出来、使い勝手の幅が広がる上、動線が広く取りやすくなります。

8畳の寝室で様々なサイズでの配置の仕方

色々なシチュエーションで置かれたベッド

例 example 10畳寝室

これくらいの広さがあると、お部屋の中で「就寝スペース」と「くつろぎスペース」に分けて使うことができます。
ベッドの横に家具やグリーンを配置することによって、2つの部屋のように使うこともできます。
お気に入りのパーソナルチェアやソファ等を置く事で、より快適なベッドルームが出来ますね。

10畳の寝室で様々なサイズでの配置の仕方

広々とした寝室に置かれたベッド