シモンズ 50のトリビア (7) 国内VS海外 マットレス比較 他|家具・インテリアの米三

30000円以上ご購入で送料無料
会員登録でポイントがたまる
カスタマーサポートも充実!
Cateories
2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
  • ■ご注文受付/年中無休24時間
  • ■お問い合わせ/メール
  • ■電話番号/(076)452-1333
    ※ネットショップ専用電話
  • ■受付時間/10:00〜17:00
  • ■定休日/水曜日
よくある質問Q&Aはこちら
開梱&設置料金はこちら
熟睡研究所
ネットショップブログ
 

シモンズ・ベッド50のトリビア〜いくつ知ってる? マメ知識(7) 国内VS海外 マットレス比較 他

 

国内VS海外 マットレス比較

【評判】国内のマットレスブランドは多岐に亘り「これ」といったネットの評判が少ないです。対して、シモンズなどの海外メーカーは、レビューが多く参考にしやすい傾向にあります。

【価格】価格は国内メーカーの方が安価な傾向にあります。海外メーカーの価格が高くなってしまうのは「海外のものを日本で楽しんで欲しい」という観点から、膨大な時間をかけているからです。

【趣味】趣味としての楽しみ方をするなら、断然、海外メーカーがおすすめです。マットレスは、一度、購入すれば毎晩楽しむことができる、健康的な趣味です。

The Saturday Evening Post

1916年、シモンズは初めて大々的なキャンペーンを行い、サタデー・イブニング・ポスト誌に見開き広告を掲載しました。

サタデー・イブニング・ポストとは、アメリカで最も広く閲覧されたといわれる週刊誌です。1821年に創立、2013年に再設計されています。サタデー・イブニング・ポストは、イベント記事、社説、ユーモア、手紙コラムの他、アガサ・クリスティー著の小説連載、ハンナ・カーン作の詩の掲載を行っていました。

そんな大衆的な雑誌に掲載された当時のシモンズは、掲載により、知名度を押し上げたことでしょう。

日経ビジネスにランクイン!シモンズのマットレスを採用した低価格ホテル!

日経ビジネスが選ぶビジネスマン7,000人に聞いた顧客満足度第一位のホテル、それが、カンデオホテルズです。TBS「がっちりマンデー!!」でも紹介されたカンデオホテルズですが、あまり耳にしない名前ですよね。

カンデオホテルズは郊外に多いビジネスホテルで、土地代を浮かすことにより、サービスを向上させています。中でも注目すべきはシモンズのマットレスを導入していること。

4,500円/一泊という低価格にも関わらず、シモンズのマットレスを導入している抜群のサービス力が売りとなっています。

カンブリア宮殿で紹介。進化する”昔ながらのモノ”

コインランドリーなど、昔ながらの女性が入りにくい場所が進化しています。テレビ東京「カンブリア宮殿」で紹介されたのは、シモンズのマットレスを導入したカプセルホテル。

「豪華カプセル 安心お宿」では、業界初の全室256室にシモンズのマットレスを採用。都心部のホテル不足を背景に利用者も増加している昨今、女性客を取り入れる取り組みの一環として、シモンズのマットレスを設置しました。

他にもミネラル40種類以上の人工温泉を併設するなど、「豪華カプセル 安心お宿」はカプセルホテルの在り方を変えていきます。

大統領夫人が宣伝していたシモンズ製品

アナ・エレノア・ルーズベルトは、アメリカの第32代大統領、フランクリン・ルーズベルトのファーストレディです。

「未来は美しい夢を信じる人のためにあります。」などの名言を残しました。

1927年、アナ・エレノア・ルーズベルトは、「シモンズビューティレスト」の広告に登場しました。アメリカの大統領夫人が「シモンズのマットレスを宣伝していた」というだけでも驚きですが、なんと彼女は、1930年代まで自身のラジオ番組でもシモンズ製品を宣伝し続けたのです。